2020年の東京オリンピックまでオタク文化が一掃されなきゃいいけど

タイトルの通りです。 オタク文化を権力に縋る連中から守るためにブログを書くことにしました。 微細な力ですがどうかよろしくお願いします。

奴隷として生まれて その一『奴隷の誕生』

このブログでは今年初、になるのだろう。

今ではすっかりアニメレポートとなってしまったが、残念ながらそのアニメレポートも滞ってしまって申し訳ない。

って、誰に謝っているんだ。

この過疎ブログを読んでくれている読者さん向けである。

さて、本題。

このブログ開設の目的は2020年の東京オリンピックが開催される時に「外国に日本の『お・も・て・な・し』をアピールするべく恥ずかしいと思えるものを排除する」動きを監視し、禦ぐことにあった。

戦後、表現の自由、言論の自由、思想信条の自由が憲法にきっちりと明記されたにも拘らず、これを公共の福祉の名目上弾圧に奔る動きが幾つも何度も存在した。

お上から下々まで、誰も自然権を尊重しようとはしなかった。

誰も憲法とは何なのか理解しようとはしなかった。

理解する気もなかった。

畢竟、保障とは『俺様が気に入らないを押し通す自由』でしかなかった。

「嫌いな納豆をスーパーで売るな」と言うものでしかなかった。

相手は違うということを理解出来ない、これが殆どの人に見受けられる現象であった。

皮肉にも言葉は一つだから相手と自分は同じという同一性を図るものの表れでもあった。

その、言葉は一つというのは相手に理解させるツールでもあるので自分の考えが相手に伝わるものだということを勘違いさせてしまうものでもある。

理解出来なければ強制させる。

結局自分ただ個人でしかないのに言葉が通じるという「勘違い」から相手も自分だと思い込んでしまう。

相手の顔はよく見えるが、自分の顔は見えない。

鏡を通してでしか見れない。

しかもその顔は歪んで見える。逆さまに見えるからである。

逆に自分なんてものはどう見られているかわからないのだ。

何も顔だけでなく、文章も同じである。

自分が書いただけでは分からない。

よく、一夜明けた自分の文章を見返すと恥ずかしいと言われるが「振り返って客観視出来た」ということだろう。

Twitterも自分の書いた文章を振り返る人っているのだろうかと思う。

感情に乗っけて呟くケースも多々見受けられるが、共感もするだろう。

感情も共感の一つだから。

独り善がりかも知れない。

所詮呟きだから。

共感出来なければ相手をブロック。

Twitterはそうした意味では便利なツールではあるのだが、村社会を生んでしまっているようにも見受けられる。

共感者だけで固まる、そうして段々と村社会へと変貌する。

世界はグローバルとなったがコミュニティはセクトと化してゆく、とは誰かが言っていたが正にその通りとなってしまった。

ここ最近の傾向だと感じるようになった。

嘗て日本のSNSと言えば2chではあったが、「あたまのおかしなひと」の所為で荒れ、掲示板は秩序を無くして、各々の板では規制が入るようになってしまい衰頽していってしまった。

まだまだではあろうが、全盛期程ではない。

匿名掲示板故に誰しもが書き込めると思ったが、カテゴリーによる村社会で個人の性格が顕著になってしまった。

全く匿名ではないのだ。

この「共感」が曲者で、共感する者が多ければ縦令匿名であっても共感か否かで必然と偏る。

個人の感情が優先されてしまう無秩序な社会において、自分への支持が明らかに減ってしまうとその世界を壊そうと、なかったことにしようとして破壊衝動に狩られる。 

秋葉原連続殺傷事件なんかはそれであった。

煽る方も悪いのだが、ハブられ、孤立化してしまう原因を作るのは本人のせいでもある。

言葉は通じる、と思ったら大間違い。

仲良くしろ、猫を被れ、とは言わないが相手がそう思うというのをどうして考えられないのだろうか。

自分の考えが絶対だから相手が絶対に平伏すと思うのだろう。

その根拠はなんなのか。

誰もその保証はしない。

自分の僅かな経験則と伝聞で積み重ねているだけである。

その崩壊した2chに嫌気が差し、Twitterに鞍替えした人も多いだろう。

匿名は好きだが誰も匿名を望んでいない。

北斗の拳に出て来たジャギそのものである。

なりすましてはいるが顔を隠しているのだから匿名である。

しかしその仮面の奥底では憎悪を募らせている。

正義の味方は日常生活を穏便に過ごすために悪人を懲らしめるべく仮面を被るが、北斗の拳では悪人が仮面を被る(素顔を隠す)。

醜くなってしまった素顔を曝け出したくないエゴが世間への取っ掛かりを残そうとしているようにも見える。

やはり、武論尊・原哲夫・堀江信彦ら三者トロイカ体制で作った北斗の拳は先見の明があったのだ。

核戦争は起こってはいないが世界は無秩序へと突入している。

そう感じる。

自分の我儘が通せる時代である。

そうでもしなければ自分の生存権が脅かされるのだろう。

世界は未だ戦乱に明け暮れているのに、日本はそんな世界ではない筈なのに生きた心地はしないのは何故だろう。

誰しもが穏便に過ごそうとして誰しもが相手を慮って自分を押し殺しているからなのだろうか。

最低限の生活を送れる筈なのだが。

世界は、自分の人権どころか自分の生存権すら危ういのに。

その、最低限の生活が問題なのだろう。

最低限の生活は平穏を安寧されているが文字通り奴隷である。

自分の生活を向上させたいのに向上させてもらえないのが奴隷状態と言える。

誰が己の向上心を阻むのか。

権力者か、男社会か、それとも上司か、もしかしたら自分と肩を並べる者か、下から突き上げて来る者たちか、身内か、本当は自分で自分の裾を踏んでいるだけか。

遺産相続では刃傷沙汰になる場面が見受けられるが、自分が本来貰うべき取り分を他の者達が足を引っ張っているという感情に囚われるのだろう。

上を見ればきりがないのは当然である。

パイも椅子も限られている。

相撲の幕内とていつ己が土俵から蹴落とされるか堪ったもんじゃない。

逆に生活の向上、名誉の獲得をすべく椅子に座っている者を引き摺り降ろそうかと画策している。

これが現在の社会である。

さて、これで自分の生活と名誉の向上を阻むものは誰なのか、明らかになってくるのではないのだろうか。

次回、考えてみようかと思う。
 





奴隷のしつけ方
マルクス シドニウス ファルクス
太田出版
2015-05-28

 

東京喰種を観終えて

映像ソフトを後から観た訳ではないが、なんか黒い斜線ばっかり入ってたなあ。

あれ、意味あるのか?
光の斜線はエロ系、黒の斜線はグロ系。
一体誰に配慮しているのだろうか?

子供が観るのか?

そりゃ子供がアニメを観るものなのだが、小学生が勇んで観ようとするものなのだろうか?

結局、本来の目的すら失われて、何の為の黒い線を入れているのかさえ分からなくなってしまう有様。

嗚呼もう、こんな愚痴しか言えなくなってしまったじゃないか。

自主規制を省いたアニメしか作られなくなるのなら、もうアニメ文化は終わってしまう。

このアニメは首チョンパとかは黒線が入るが、首絞めのシーンに入れる事はないだろう。

犯罪教唆という事か?

あーあ、全く18年前のあの承認欲求の強過ぎる糞野郎の所為だよ、本当に。

しかしあの頃は強力効果と言うものをみんなよく分かってなくて、何かが狂わせたとかって無意味な原因追求をしていたんだよなあ。

本作とは話がずれるが、いや少し関連付けるならば、人殺しに快感を覚えてエスカレートするのがあのアニメにも出て来たグール、それだけじゃないけどね。

所謂未成年者によるああ言った加虐性嗜好もさ、理性と加虐性が同居してたんだよ。

本当にあのグール達みたくさ。

少しずつ、小動物を殺したりして慣れて行き本番で人を殺し始める。

今年も都内で小動物が嬲り殺される事件が起きたが、みんな気づき始めたよね。

アニメとか漫画とかゲームとかホラー映画とか一切関係ないと。

これ、ここまで来るのにどの位の時間を掛けたのだろうか?

表現の自由はここで扨擱いて、事件を精査する事を余計に妨害してしまったのではないかと思う。

と、まあここまでで、作品としては少年ジャンプだなあと思った。

ヤンジャン作品だが、内容はジャンプである。

一昔前の能力系ハイパーバトル漫画、あれをヤンジャンでやっているって感じ。

殺し合った者同士が、協力を果たすのも少年ジャンプ的だなと思った。






 

 

 



 




















自分の調査不足で2期もあったらしい。

これは自分の落ち度だ。

2期の再放送が来年の1月頭にやるらしい。

同じくDlife内の毎週金曜日深夜ということだ。

忘れなければ観るだろう。

新章が始まっている。

人気作なのか。

先ほどの呟きは取り消すと同時に残しておく。

アニメもこの新章を作ればいいのにね。 

主人公カネキがあれでも大学生と言う設定だが、観た感じが中学生っぽい。

幼さを残す主人公ってことか。

この漫画も一応学園アニメかな。

年齢層が上がると主人公達の年齢も大学生とかになってくるな。

ヒロイン?は二人いるけどあんていくで働く方は高校生だ。

いや、三人いるな。

小学生もそうだな。

年齢層は広い。

同じ世代で固まらないな。

これは良い。



 




 

デンキ街の本屋さんを観て

これも漸く観終えた。

かなり面白かった。

具体的な地名を挙げてないけど、秋葉原だよね?

秋葉原じゃなくて実際は外神田なんだけど。

うまのほねと言う名前でもあの位置的にはとらのあなだよね?

秋葉原に腐女子?

と感じたが、デンキ街ということで腐女子もうまのほねで腐向けのコンテンツを買い漁るんだろう。

腐向けの店って、その隣の店舗で十二分過ぎる程に取り扱っているんじゃないのかい?


 











社内恋愛なのかな?

破れ鍋に綴じ蓋、好いた惚れたに迫るけどそれを乗っけないと物語として成立しないのかなあ。

面白かったのはGメンさんの話だろうか。 

「私、エロ本好きっ!」 

男に連れられて趣味が変化してしまった。






























 












オオカミ少女と黒王子を漸く観て

少女漫画はあまり見ないが、アニメはザッピングする形で録って偶々観るのだが、アニメというのは少女漫画由来だとラブコメが急上昇するのだなと思う。

ラブコメが共感呼びやすいからだろうが、殆どのラブコメが大量生産されて大量消費されて、もうお腹一杯である。 

ジャンプで将棋漫画が連載されているが将棋っぽくなくなんかラブコメを見ているような感じだった。

あの作者はラブコメを描きたかったのだろうが、既にニセコイやら数多ラブコメが突撃隊のごとく突っ込んでは行ったものの帰って来ない兵隊ばかりである。

ジャンプではラブコメなんぞ流行りはせんがどこの漫画でもラブコメが飽和状態なのは否定出来ないのだろう。

これも、見栄っ張りの少女が体面良くするために嘘をつき始めるのだが、相手の心を溶かし始めるという話だが、無理筋から話を持ってくるのってネタが尽きたのかなと思う。

そこに至るまで死屍累々の山だらけなのだろうと思う。


 












勘違い系、偽装系、仮面、これも手垢のついた設定だけどよくよく考えれば現実でもそうなのかなと考えてしまう。

でもこれって実写でやるんだよね。


 

 


















オオカミ少女と黒王子の原作漫画の単行本の表紙って黒王子だけなんだね。

少女漫画で男を表紙に持っていくのは珍しい。

主役はオオカミ少女の筈なのに。

もしかしたら主役ってこの黒王子?

この黒王子の家族も随分強敵ばかりだ。

姉と母ってオオカミ少女を試す関門として登場するんだよね。
 

今の恋愛事情って身分格差なんて生じないから、自ら難問を設定する物語として始めるんだね。 

アニメ艦隊これくしょんの感想。

ネットのアプリから端を発したアニメではあるが、これが大不評だったらしい。

しかし、劇場版までもあるのだからグッズで釣った可能性が高いな。














観終えた。

絵師によってキャラのデザインがバラバラだった艦これだったが、アニメでは統一された分だけ良かったのかも。

しかし、敵というのがこのアニメでは漂白されている。

敵が丸で不倶載天というわけでもなく、日常における大きな仕事を片付けるといったような感じである。

戦争ものが明らかにテーマなはずなのになぜかこのアニメはそんな感じがしないのだ。

ずっと、どこまでも日常。

カレーを食べたり、お風呂入ったり、喫茶したり、お友達で居られることが殆ど。

気になるのは艦娘らが提督提督と目の前にして話しているのにその提督の姿が見当たらない。

最終回でも提督に向かう艦娘ではあったが、提督こそが主人公だったのね。

昔、臭作というアニメで真のヒロインがパソコンに向かうプレイヤーに外に出なさいと諭すシーンがあったが、あんな感じであろう。

主人公達の立ち位置が変わらなければ、これは日常系のアニメなのだ。

続篇が作られるようだが、日常から少し離れた非日常を演出するものだろうと思う。
























 

 

松来未祐について。

先月の27日には亡くなっていたそうな。

38歳である。

この自分よりも三つ年上だが、嘸かし無念であろう。

まだまだ、やりたい事は沢山あった筈だ。
















この人が務めていた役ではひだスケの吉野屋先生、ハヤテでは伊澄、ニャル子ではクー子、プリズマ☆イリヤではマジカルサファイアなど多彩である。

続篇を待たれたが、無念である。

しかし自分でも思うが、役者の悲報よりも役はどうなるという心配が過るのだ。

ゼロの使い魔のヤマグチノボルが亡くなった時でも、完成してはいないではないかと思ってしまうからだ。

自分でも死に対して冷淡であると常々思う。

人ではなく、作品に価値があると自分の中では信じている。

スタッフがこの人だと選んだからその作品が生きるのであって、その人がいなくなってしまえばその作品に価値がなくなってしまうのだ。

ハヤテの続篇はどうなるのだろう?

しかし、個人的にハヤテは惰性だと感じているのでもういいかなと思う。

シナジー→JCスタッフからマングローブになった訳だが、そのマングローブが潰れてしまった。

もうハヤテは作られないだろう。

気掛かりは、ひだスケである。

でもひだスケも卒業式やってしまったので、次あるかどうか分からない。

そうなるともう、殆どの作品は決着ついたのかなと思ってしまう。

だが、プリズマ☆イリヤの続篇、ツヴァイヘルツではなくドライの噂というか、ほぼ濃厚なのにマジカルサファイアの役はどうするのだろう。

現実的には代役はすぐ決まってしまう。

サザエさんの父、波平役の永井一郎も急死した後に直ぐ代わりを用意してしまった。

悲しんではいられないのだな。

作品を待ち望む人は沢山いる。

しかしその声はその人だけしかいなかったということを決して忘れたりはしない。





松来未祐のアルカナの扉 Vol.1 [DVD]
松来未祐
テンフィート
2015-01-21


松来未祐のアルカナの扉 Vol.2 [DVD]
松来未祐
テンフィート
2015-05-06


松来未祐のアルカナの扉 Vol.3 [DVD]
松来未祐
テンフィート
2015-09-16














WWWキャラクター・ソングシリーズ03
後ろから這いより隊C(クー子)
エイベックス・ピクチャーズ
2013-03-20


ハヤテのごとく!キャラクターCD(5)/鷺ノ宮伊澄
鷺ノ宮伊澄
ジェネオン エンタテインメント
2007-09-21


絶望レストラン
絶望少女達
キングレコード
2009-08-05




松来未祐と金田朋子のRADIOデコピンないと anniversary disc
ラジオ・サントラ
サイトロン・デジタルコンテンツ
2005-05-18


White Sincerely
松来未祐
メディアファクトリー
2013-09-27


Fate/kaleidlinerプリズマ☆イリヤツヴァイヘルツ!を観て。

夏アニメにしては中途半端な時期に始まった。

と言うよりも、時期的に持って来て正解だったのかも知れない。

丁度夏休みの時期に被せたのだろう。

夏なのに冬着着たり、冬なのに入学式だったり時期が合わなくて辟易することもあったが、これは良い。

コミケ、夏祭り、夏休みのレジャー、楽しいことだらけである。

  









魔法少女モノの話。

この話はなのはである。

大切な友達を守りたいという話。

わからず屋の友達をぶん殴るのもなのはである。

高町式交渉術なのか。

彼らは、ぴえろの子供達だから必然的に魔法少女モノを作りたいんだね。

女児よりもおっさんホイホイである。

80年代の魔法少女モノを観たくても観られなかった悔しさがあるから今になって観ようと思うのかな?

でも、これ次期放送決定してるのかな?

ドライなんて作品あるし。





























 

 

個人的にクロがツボである。 
共通良識は多数派の情緒、諸行無常、朝聞道夕死可矣、民可使由之不可使知之、倉廩實則知禮節衣食足則知榮辱、井蛙が良。 新居昭乃、宮澤賢治、本田透、英霊の声、蜘蛛の糸、まどか、まほろ、Fate、みなとそふと系、MATRIX、ドラえもん、ジブリ、エヴァ、マサル、アンパンマン、北斗の拳、夜勤病棟、君の名は。美術館と格闘技が好き。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
エヴァ
あみあみ
ビキニ・ウォリアーズ ファイター
ビキニ・ウォリアーズ パラディン
マモン~強欲の像 薄桃ノ衣版
ルシファー~傲慢の像 黒ノ衣版

七つの大罪 ルシファー~傲慢の像 黒ノ衣版

新品価格
¥11,000から
(2015/9/14 22:54時点)

アスモデウス 色欲の像 白銀ノ衣版
マモン 強欲の像

七つの大罪 マモン 強欲の像

新品価格
¥12,300から
(2015/9/14 22:57時点)

色欲の章 ~氷尻アイスクリーム ノ節
サタン 憤怒の像
ベルゼバブ~暴食の像

ホビージャパン 七つの大罪 ベルゼバブ~暴食の像

新品価格
¥13,221から
(2015/9/14 23:04時点)

ルシファー~傲慢の像
レヴィアタン~ 嫉妬の像 紫ノ衣版

七つの大罪 レヴィアタン~ 嫉妬の像 紫ノ衣版

新品価格
¥13,123から
(2015/9/14 23:22時点)

アスタロト~憂鬱の像
三世村正マウスパッドおっぱい

三世村正 バニーVer. 立体マウスパッド

新品価格
¥4,980から
(2015/9/14 22:17時点)

三世村正マウスパッドおっぱい赤

装甲悪鬼村 三世村正 立体マウスパッド

新品価格
¥16,600から
(2015/9/14 22:21時点)

三世村正レースクイーン青
三世村正ウェディング抱枕

三世村正ウェディングVer.抱き枕カバー

新品価格
¥12,960から
(2015/9/14 22:22時点)

三世村正オアシス
ゲームリンク
大図書館の羊飼い ダウンロード販売
ゲームリンクその2
パズキューレ オンラインゲーム
アニメリンク
アダルトアニメチャンネル
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
ジオターゲティング

ジオターゲティング
美しき芸術





リンク
カテゴリー
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • スロウスタートを観る。
  • ラーメン大好き小泉さんを観る
  • 下ネタという概念がない退屈な世界を漸く観終えて
  • 誰が弱い者いじめをするのか番外篇 表現の自由の頽廃14 王様への貢ぎ物
  • 大図書館の羊飼いを観て。
  • 六畳間の侵略者!?を漸く観て
  • 六畳間の侵略者!?を漸く観て
  • ソードアート・オンラインⅡを観終えて
  • ソードアート・オンラインⅡを観終えて
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ