2020年の東京オリンピックまでオタク文化が一掃されなきゃいいけど

タイトルの通りです。 オタク文化を権力に縋る連中から守るためにブログを書くことにしました。 微細な力ですがどうかよろしくお願いします。

2016年04月

奴隷として生まれて その二『過去に取り残された人々』

前回の続きではある。

暫くこのシリーズで考えてみようかと思う。

気に入らないものを排撃せよという動きは今に始まったことではない。

支配と被支配の関係が生まれてからずっと続いている。

表現は時として真実を映し出す鏡である。

だが、その姿を見たくない者はいる。

見たくないゆえに、その鏡を叩き割ろうとする。

自分の地位が脅かされないように、表現と表現者をこの世から抹殺しようと考える。

これは何時の時代、どこの場所でも限ったことではなく、常に行われてきた。

支配者が統治の理論を振り翳す時に用いるのが道徳である。

被支配層が秩序を維持することは当然という振る舞いを振る舞わせるのである。 

現代、近代だったらそれは法律でもって人を支配することが決められた。

それは当然で、マンパワーを動員するためには人を多く、そして国民を作らねばならなかった必然性があったからである。

前近代は国民なんて存在しなかった。

多く土地を所有し人を契約で支配し、掟で秩序を維持して来た。

急激な近代化に因ってついて行けない人々の為に移行措置が取られていた。

明治期における華族及び士族制度だろう。 

所謂平民にも苗字が名乗れるようになって、これまで特権を享受してきた階層の者が没落し、政府に時として逆らい始めたりして来た。

今思えば、ものすごく馬鹿馬鹿しい叛乱である。

西南戦争は別としても自分達の特権がなくなって近代化を推し進める政府に叛乱をしていただけなのだ。

この頃の明治政府は今で言うところのアジアや中東やアフリカ諸国みたいなものだろう。

政府の機能もそれ程強い訳でもなく、強権を揮わなければ自分達が押し潰されてしまうからである。

明治大正昭和を経て各階層の者達の特権を剥がし、国民を醸成させて来たが、政府は家の事までは介入出来なかった。

家の中での決まり事が江戸時代から明治、昭和を経て平成がこれから30年になろうとしていても『家の中の決まり事』が消滅することはなかった。

家はプライベートの事でこれ自体誰しもが口に出せるものではないと皆が思っている。

実は、昨今の話題になっている児童虐待もこの『家の中の決まり事』に由来するものである。

一家心中がなくならないのも国民が社会の構成員であると同時に『家族の構成員』でもある。

親から貰った体と言う言い方は、子供は親の所有物という概念である。

子供に習い事を強制させたりいまだに婚礼に介入したり就職を決めたりするのもその名残である。

只管自己責任自己実現自己決定権が叫ばれ続けるのもそうした150年もの間に残る因襲の排除だろう。

この戦後70余年、端から見れば女権拡大に見えるだろう。

表向きの差別が解消されても力の差で遠く及ばないこともある。

それ故に負け惜しみのように高い下駄を履かせろみたいな意見も出て来る。

流石に、国は政府は機会の平等の原則を取っているので、一部国民に特権を与えるようなことは出来ない。

高い下駄を履かせると同時に、力あるものの力を制限するという話である。

時として陳情をして色々働きかけようとしている。 

生まれながらにして特権を持っている状態、制度や財産を引き継いでいるような人を持たざる者が批難する権利を有し制度を是正させることの出来る権利を『権力勾配』や『非対称』というらしい。

これは『奴隷道徳』そのものなのだが、権利を獲得しようとする人は大体権力志向である。

現在、制度的な差別は一見解消された、かに見えた。

だが、そういう訳でもない。

男女共同参画並びに男女雇用機会均等法が成立されても、それでも力の及ばない人達がいる。

況してや新自由主義に突入してしまったのだから不遇であることは自己責任である事他ならないのだが、それでも制度的な差別があると信じている人々がいる。

幾度と無く何度も何度も問題として取り上げ、企業は外圧に曝されながらも是正しようとして来た。

男が特権を独占し正業に就けない女は賤業に就かざるを得なくなり男の慰みものにされていると言う価値観。

実はこれがそう思っている人々が共有している価値観である。

さて、その賤業と言う価値観はどこから来るか、これも実は前近代の価値観そのものである。

2chには嫌儲と言う言葉がある。

文字通り儲けること稼ぎまくることを嫌う言葉である。

企業が儲けることが気に入らない、有名人が稼ぐことを嫌う、自分たちのお金が奪われているという感覚である。

商売が長らく賤業と思われたのは努力しないで利鞘を得るという事を嫌う頑迷固陋な価値観から来るのだったのだが、流通がどのようにして成り立っていったのかさえ分からないのである。

道路建設や鉄道建設が如何に重要なのかさえ理解しようとしないのもこうした流通、商売そのものを否定する価値観が横たわっているからである。

江戸時代、商売人が身分の下層に置かれていても実際は武士を圧倒して時には金で身分を買ってしまうこともあった。

流通が整備されると飛躍的に発展するのである。

しかし、見た目ではよく分からない。

この見た目ではよく分からない職業で利益を得る、形に残らないもので利益を得る事への忌避感はいまだに残るのである。

サービス業もそれの一つである。

所謂、売春も形には残らないものである。

前近代ではそれが根強く残っていて差別されて可哀想であると同時に、こんな職業に身を窶すなんて可哀想という職業差別的な感覚が表れたりもした。

時が流れて一見意識が変わったように思えても、根底の部分では残っていたりする。

差別心を持つことは、自分達の立場を温存させるための感情の一つである。

ある意味、自分達の立場を満足させるために差別的感情が残されているのかも知れない。

何故、差別を否定しながらも差別心を肯定するに至る感情を持つのか、次回にまた考えようと思う。
 


 
現代流通の諸相
坂本 秀夫
同友館
2016-02-16


1からの流通論
石原 武政
碩学舎
2008-09




小売・流通用語集
学校法人中内学園流通科学大学
商業界
2016-02-22

 

だがしかしを観終えて

既に突っ込みがあったようだが、このアニメってピューと吹くジャガーにそっくりなんだよね。

 













ココノツの父の声が藤原啓治、無論知っている人ならこの人はジャガージュン市の声もやっている。

駄菓子屋(珍笛職人)の後を継ぎたくないココノツ(ピヨ彦)は自分の夢である漫画家(ミュージシャン)になりたいと言う事を叶えるべく出て行くが、そこに立ち開かる謎の人物ほたる(ジャガージュン市)が主人公を阻止しようと駄菓子(笛)の素晴らしさを説こうと説得に奔るのである。

ココノツの父と駄菓子に詳しいほたるがどうして知り合えているのか不明だが、ジャガージュン市とピヨ彦の父のハメ字郎が知り合った謂れも一体どうなっているのか分からず終いであった。

あの時、ピヨ彦が帰省した時にジャガーがピヨ彦の家に上がり込んでいて寛いでいたし、しかも親子でしか知り合えないピヨ彦の仇名までジャガーが出会った当初から知っていたのである。

だけれども、うすた漫画の違いはうすた京介が余りというか殆ど出して来なかったお色気系が出ていることである。

ほたるの胸がでかい。

なんかそればっかり。

駄菓子がテーマだから実際に売り出している駄菓子が出て来ているな。

メーカーさまさまだろう。

コラボの駄菓子も既に売り出されている。

どうあれ、宣伝の手助けとなればよいのだから。


 

















だがしかし ORIGINAL SOUNDTRACK
大隅知宇
ポニーキャニオン
2016-03-16


















ジャガーもほたるも周りとは違った特殊なコスをしてたよなあ。

四月は君の嘘の感想

この舞台は練馬区がモデルとなっているらしい。

あざとい聖地巡礼タイプだ(笑)

とは言っても原作がそうなのだから仕方ないのかもしれない。

主役は皆中学生。

大体学園アニメって高校生が主役なんだけど、まだセカイが狭い中学生ならそれもありということなのだろうか。

発達段階で区分けするって丸でそれこそ教育アニメだよなあと思う。

























アレとは言わなくても分かるがCLANNADである。

病弱なヒロインとそして早くに喪った母親、ヒロインの家がケーキ屋、見失っていた一つの目標に向かう人々、周りとの友情、なんか似てるよねえ。

とても病弱とも思えないよなあ。

川に飛び込んだりするとは。 

しかしそれは隠していたこと。

後になって色々分かる。

嘘を吐いたのは好きであったことを隠すから。

アニメらしく最期は隠すんだね。

誰も悲しませてはならないという不文律でもあるのだろう。

大体は映画前提で作られる訳だが…。



































 

 

曲が美麗なんだよね。 

そこは音楽をテーマにしたアニメならでは。 

ノイタミナではこの四月は君の嘘と、坂道のアポロン、のだめカンタービレ、と音楽をテーマにしたアニメをよく作るなあと思う。 

アルドノア・ゼロを漸く観終えて

漸く観終えた。

長い話だったような感じだ。

2クールだから話の流れは前半と後半に分かれる。

 

それ言っちゃあおしまいかな?

未知なるエネルギーを発見して科学が急激に発達するが、地球を出て行った子孫が専制君主国を打ち立てて地球人と戦争をするって話。

この黄金パターンはよくあるな。



これ、芳文社が作ってるんだね。

主題歌もKalafinaだし。

まんがタイムきららがもしもロボットアニメを作ったらというもしもシリーズなのかな? 

悪く言ってしまえば換骨奪胎。

でも、それほど気にならない。

美少女フィギュア(に限らずとも) で同じキャラクターなのにメーカーごとに別々に作って売るようなものだろうか。

よくある、この人のこういうような話が見たい、と言う感情なのだろうか。

テーマはあるが、斯くもロボットアニメだとこのようなパターンが作られる。

しかし、Kalafinaの歌う主題歌の歌詞がこの作品の全てを表しているようにも思える。

主人公がサイボーグになるのって中々ないよなあ。


 

 

 






















リスアニ!Vol.20 (M-ON! ANNEX 591号)
エムオン・エンタテインメント
2015-02-09








ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.1
雨宮天
インディーズレーベル
2014-09-30


ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.2
雨宮天
インディーズレーベル
2015-02-18


ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.3
雨宮天
インディーズレーベル
2015-02-18


ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.4
雨宮天
インディーズレーベル
2015-04-01


ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.5
雨宮天
インディーズレーベル
2015-05-06


ラジオCD「アルドノア・ラジオ」Vol.6
雨宮天
インディーズレーベル
2015-07-01














しかし、最近のロボットアニメはロボットのフィギュアじゃなくて人物キャラクターまでもが売り出されるとは、世の中完全に変わったよね。

ロボットは最早代替可能な下駄履きと言う概念に。 
共通良識は多数派の情緒、諸行無常、朝聞道夕死可矣、民可使由之不可使知之、倉廩實則知禮節衣食足則知榮辱、井蛙が良。 新居昭乃、宮澤賢治、本田透、英霊の声、蜘蛛の糸、まどか、まほろ、Fate、みなとそふと系、MATRIX、ドラえもん、ジブリ、エヴァ、マサル、アンパンマン、北斗の拳、夜勤病棟、君の名は。美術館と格闘技が好き。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキング
エヴァ
あみあみ
ビキニ・ウォリアーズ ファイター
ビキニ・ウォリアーズ パラディン
マモン~強欲の像 薄桃ノ衣版
ルシファー~傲慢の像 黒ノ衣版

七つの大罪 ルシファー~傲慢の像 黒ノ衣版

新品価格
¥11,000から
(2015/9/14 22:54時点)

アスモデウス 色欲の像 白銀ノ衣版
マモン 強欲の像

七つの大罪 マモン 強欲の像

新品価格
¥12,300から
(2015/9/14 22:57時点)

色欲の章 ~氷尻アイスクリーム ノ節
サタン 憤怒の像
ベルゼバブ~暴食の像

ホビージャパン 七つの大罪 ベルゼバブ~暴食の像

新品価格
¥13,221から
(2015/9/14 23:04時点)

ルシファー~傲慢の像
レヴィアタン~ 嫉妬の像 紫ノ衣版

七つの大罪 レヴィアタン~ 嫉妬の像 紫ノ衣版

新品価格
¥13,123から
(2015/9/14 23:22時点)

アスタロト~憂鬱の像
三世村正マウスパッドおっぱい

三世村正 バニーVer. 立体マウスパッド

新品価格
¥4,980から
(2015/9/14 22:17時点)

三世村正マウスパッドおっぱい赤

装甲悪鬼村 三世村正 立体マウスパッド

新品価格
¥16,600から
(2015/9/14 22:21時点)

三世村正レースクイーン青
三世村正ウェディング抱枕

三世村正ウェディングVer.抱き枕カバー

新品価格
¥12,960から
(2015/9/14 22:22時点)

三世村正オアシス
ゲームリンク
大図書館の羊飼い ダウンロード販売
ゲームリンクその2
パズキューレ オンラインゲーム
アニメリンク
アダルトアニメチャンネル
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
ジオターゲティング

ジオターゲティング
美しき芸術





リンク
カテゴリー
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
ギャラリー
  • スロウスタートを観る。
  • ラーメン大好き小泉さんを観る
  • 下ネタという概念がない退屈な世界を漸く観終えて
  • 誰が弱い者いじめをするのか番外篇 表現の自由の頽廃14 王様への貢ぎ物
  • 大図書館の羊飼いを観て。
  • 六畳間の侵略者!?を漸く観て
  • 六畳間の侵略者!?を漸く観て
  • ソードアート・オンラインⅡを観終えて
  • ソードアート・オンラインⅡを観終えて
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ